おまとめローン可能の審査が甘いキャッシング

おまとめローン可能のキャッシング

キャッシングも借り癖が付くと他社借入件数が増えていく・・・

キャッシングを利用している人ならば何度も実感しているかと思いますが、知らず知らずの内に他社借入件数が増えていく事です。

 

 

キャッシングは初めての時は恐る恐る利用するのですが、それに慣れてくるとついつい『借り癖』がついてしまいます。

 

 

あまり喜ばしい事ではないのですが・・・・キャッシングを利用するのに慣れてしまうと他社借入件数が増えていきます。

 

私も経験あるのですが、最初は大手消費者金融1社のみを恐る恐る使っていたのが、いつの間にかキャッシングカードに依存していき、限度額一杯まで使ってしまう事になります。

 

 

 

限度額一杯まで使ってしまうと次はどうするかといいますと、2件目のキャッシングを申し込みすることになります。

 

そして2件目も限度額一杯まで使ってしまうと、今度は3件目に突入します。

 

 

 

3件目くらいまでは大手の消費者金融系キャッシングや銀行カードローンのキャッシングなどどから借りれます。

 

大手の信販系もまだ借りれます。

 

 

 

その後4件目になると少し事情が変わってきます。

 

キャッシング会社も他社借入が多い多重債務者に対しては警戒をし融資も慎重にならざるをえなくなってきます。

 

 

 

従って4件目が借りれる人もいれば、借りれない人も出てきます。

 

当然借りれる人は属性の高い人達です。

 

 

 

フリーターとか自営業者になると融資は厳しくなります。

 

 

 

更に5件目になると・・・・・かなり属性の高い人か、かなり審査の甘いキャッシングでないと借りれなくなります。

 

 

 

キャッシングは借入が多くなればなるほど新規の融資が不利です。

 

 

 

だから他社の借入件数はなるべく増やさず減らしていかないといけません。

 

 

では、他社の借入件数を減らしていくにはどうしたらいいか??

 

 

 

それはおまとめローンを利用する事です。

 

おまとめローンを利用する事で借入件数を減らしていく事が可能です。

 

 

 

当サイトではキャッシングでおまとめローンとしての利用がでいる融資先などを詳しくご紹介ております。

他社借入件数が増えたらおまとめローンを使おう!

キャッシングの他社借り入れが多くなったらどうしたらいいか?

 

 

 

少しでも借金を減らす努力をするのが大事です。

 

 

 

その少しでも借金を減らす努力の一つとして「おまとめローン」があります。

 

 

 

おまとめローンは債務整理の一つです。

 

唯一、自己破産や債務整理などのブラックリストにはならない債務整理方法といえます。

 

 

 

具体的にはおまとめローンはどういう手法なのかと言いますと、複数の借金を一本にまとめる事です。

 

つまり借金の一本化を可能にする・・・・それがおまとめローンです。

 

 

 

分散している多重債務(複数のキャッシsングの借金)を一社の大口融資のローンに圧縮する事です。

 

 

「そんなことが可能なのか?」・・・・と思う人もいるでしょう。

 

しかし、今ではおまとめローンは定番の債務整理の手法として多くの人が利用しております。

 

 

 

厳密にいうと、おまとめローンは昔からありました。

 

有名なおまとめローンサービスでは「東京スター銀行おまとめローン」などがあります。

 

 

ここは昔からテレビのコマーシャルとかでやっていますので見たことがある人もいると思います。

 

 

 

おまとめローンは、利用してみれば分かりますが非常にありがたいサービスです。

 

今まで他社の借入が4件とか5件とかあって月末の返済が非常に苦しかったのが、たった1件に一本化されるわけですから返済は楽になるのはいうまでもありません。

 

 

 

ただ、誤解してはいけないのはおまとめローンを利用したからと言って借金額が減るわけではありません。

 

あくまでも借金件数が減るわけであって、借金額が減るということではありません。

 

 

 

『おまとめローンを契約出来てから、新しい借金返済生活がスタートする』・・・・ということを忘れてはいけません。

 

借金を一本化した後は、長い長い返済をしていかなければなりません。

 

 

 

おまとめローンは多重債務の軽減と楽な返済が目的でありますので、おまとめローンを利用したからといって借金の解決したわけではありません。

 

一本化した借金を数年後に完済して初めて借金が解決するということです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ